FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BT0~BT3
◆2017年4月28日(金)◆
 D28=BT0通院

 8時半に培養室に電話し、移植OKだったので11時半までにクリニックに行きます。
 クリニックについたら、食事等できないので済ませておくよう言われていたので
 駅前のカフェでパスタをもぐもぐ。

 移植か~、1年半ぶりだわ。(・~・)モグモグ

クリニックについて血液検査をしてから、診察室に呼ばれる。
 E2 100.0
 P4 15.78

先生「P4が10あればOKなので、大丈夫ですね~。何か質問などありますか。」

ぬこ「以前、血が凝固しやすいという検査結果が出て、移植後からバイアスピリンを飲むように言われていたのですが
もらえますか」

先生「いいですよ~。ではバファリンを出しますね」


おお?
なんか過去にほかの人のブログで、このクリニックは着床障害はないって考え方だから
処方してもらえなくて、わざわざ他院でもらって飲んでたとかいう記事を見たので
ドキドキしながら聞いたのですが、問題なく処方してもらえました。

次は培養士さんとのお話です。
卵の成長過程の画像を見せてもらう。

培養士さん「何かご質問はありますか?」

ぬこ「グレードはいくなんですか?」

このクリニック、胚の写真はきっちりもらえますが、
あまりグレードとか言われないんだなー。


培養士さん「グレード・・・どんな感じの?」

ぬこ「前回だと、〇CCみたいな感じでしたー」

培養士さん「あ、それなら今回はBBですね」

ぬこ「AHAはなしですか?」

培養士さん「勢いのある卵なのでなしで大丈夫かと思います。なしでよろしいですか?」

ぬこ「はい~」

AHA代、浮いたぜえええええ


その後、リラックスルームに呼ばれ採卵と同じようにお着換え。
採卵と同じ部屋に呼ばれて、移植です。
モニターには卵が映されていて、スポイトに吸い込まれていく様なども見える。
移植後、すぐにその場で先生から移植した胚の画像や
移植した直後のエコー写真などをもらいました。
内膜は9.7mmでした。うち的には薄めだなぁ。

あとはデュファストンとジェミナとバファリンの薬を看護師さんからもらって終了です。

憧れの「BT」です。
今まで「ET」だけだったのようううう。

◆2017年4月28日(金)◆
 BT0
 子宮あたりがチクチク。おしゃおしゃ。

◆2017年4月29日(土)◆
 BT1
 子宮あたりが鈍痛?

◆2017年4月30日(日)◆
 BT2
 なんも症状なくなった・・・。

◆2017年5月1日(月)◆
 BT3
 なんも症状なくなった・・・。
 
 これかつての移植と同じパターン。
 着床日ぐらいまで違和感があって、その後なにもなくなり
 判定日は「HCG=1.〇」ぐらいのかすったね、でも陰性よパターン。

 BT4は中間判定でクリニックです。
 中間判定といってもHCGは計らなくて、ホルモン値の計測みたい。
 んまあもう悟りの境地です。

 続く。




26周期 完全自然採卵
※過去日記です。(2017年4月の出来事です)

日記がだいぶ追いついてきたぜ。
夢クリ5回目の採卵ですが
今までの戦績は

1回目→空胞(左卵胞)
2回目→採卵数1個(右卵胞)→胚盤胞凍結ならず
3回目→空胞(左卵胞)
4回目→排卵済(右卵胞)

なかなかの惨敗ぶりです。
4回目の採卵後の先生との診察の際に

先生「うーん・・・。ピル飲んでみますか?」

ピルはできれば飲みたくないのだけど
飲んでなくてこの現状ですからね。
飲んでもないのに(このクリニックでは)、拒否しにくくなってきたぞw

ぬこ「試してみても大丈夫です。」

先生「じゃあ半量にする?」

ぬこ「お任せします!」

お任せしたら全量(1日1錠)しっかり処方されましたんw
ピルでリセット後、D3診察です~。



◆2017年4月3日(月)◆
 D3通院
 E2 7.0↓
 LH 1.4
 FSH 4.1
 内膜 5.3m
 卵胞(右) 4.0mm
 卵胞(左) 4.8mm,3.9mm

さすがピル後、E2が7未満です。
LH含め、卵巣寝すぎです。
今周期は長期戦だな~。
もう刺激しない!ので完全自然で育ってくるのを待ちます。

◆2017年4月12日(水)◆
 D12通院
 E2 32.4
 LH 8.3
 FSH 11.0
 P4 0.13
 内膜 7.3m
 卵胞(右) 10.1mm
 卵胞(左) 9.6mm

D12にしてやっとD3レベルです。

◆2017年4月17日(月)◆
 D17通院
 E2 78.1
 LH 9.6
 FSH 7.7
 P4 0.11
 内膜 5.4mm
 卵胞(右) 9.7mm
 卵胞(左) 11.1mm、10mm

はい、まだまだです~。
次5日後のD21診察ね、と言われる。

んが、自然採卵にきりかえて、採卵前だいたい採卵日が決まるあたりで
のびおりがきちんとでるようになったのです。

D20にそののびおりが出て、前倒ししてD20に通院するか
予定通りD21にするか悩み・・・・
まあ、無職なんだからD20に行っちゃえとD20通院しました。

◆2017年4月20日(木)◆
 D20通院
 E2 187.2
 LH 9.4
 FSH 4.8
 P4 0.25
 内膜 7.2m
 卵胞(右) 17mm
 卵胞(左) 9.7mm

先生「だいぶ育ってきましたね~。もう一息です。明日通院してください。」


うおおおおお、やっぱ明日通院すればよかったわ・・・。


◆2017年4月21日(金)◆
 D21通院
 E2 211.3
 LH 24.8
 FSH 6.5
 P4 0.29
 内膜 7.3m
 卵胞(右) 20.6mm
 卵胞(左) 10.7mm


LHがあがり始めたので明後日D23採卵に決定。
D23採卵て!!
遅すぎじゃないか!?
しかも卵胞も小さめ?に対してE2もいまいち低め?

なんか全然自信ないんだけど、まあ採れなくても
4000円ですからね!
チャレンジしてみようではないか!

◆2017年4月23日(日)◆
 D23採卵日

日曜日なので精子持ち込みではなく、旦那と一緒に行きました。
全然、採れる自信ないんですけどね?w

採卵終わってリラックスルーム出てみたら、旦那がいなくなって
「あれ。卵採れたの?」ってびっくりした。

先生に問診室に呼ばれますと

先生「1個成熟卵がとれました」

やだ!さすが右側卵胞ちゃん!!

先生「やっぱり右側が採れるのかな?」

って前に私が「右側しか採れないんですううううう」って言ってたのを覚えてたみたい。

次は夫婦そろって培養士さんとお話です。
どうやら顕微ではなくてふりかけでも行ける結果のようです。
悩む・・・なにしろ顕微しかしたことないので
受精障害なのかわからんのです。

培養士さん曰く、受精率は顕微の80%、ふりかけで70%。
ただ、その後の胚盤胞の到達については、
10%ぐらいふりかけのほうが成長がよいように
培養士としては感じる、とのこと。

培養士さんが「所見的には、ふりかけでも行けると思います!」
と言ってくれたので、卵が採れたのでさえ奇跡だし
ものは試しで初めてのふりかけにしました。

顕微授精代、浮いたぜええええええええええええ

◆2017年4月24日(月)◆
 D24受精確認

 培養室へ電話確認。→受精OK

 受精障害ではなかったんや!と治療を始めて3年以上経って初めて知る。

◆2017年4月25日(火)◆
 D25分割確認

 培養室へ電話確認。→分割OK「きれいに4分割しています」とのこと。


◆2017年4月27日(木)◆
 D27分割確認

 培養室へ電話確認。→「初期の胚盤胞になっています。明日移植できるかどうか、明日の朝電話してください」

 お?意外と順調に来たな。
 んが!2月のことがあるからね。
 あのとき4日目コンパクション5日目胚盤胞だったのに
 凍結すらできませんでしたからね。
 
 治療をすればするほど、夢見る少女じゃなくなるよね。


◆2017年4月28日(金)◆
 D28移植前確認

 前回は出かける準備して電話をかけていましたが
 今回は部屋着のままですよw

 培養室へ電話確認。→「移植できる大きさの胚盤胞になっています。11時半までにご来院ください」

 ふぁっ!?まじで!?
 まじでええぇえ?と思いながら、クリニックに行ったのでした。

 続く。
25周期 刺激しちゃった
※過去日記です。(2017年3月の出来事です)

夢クリ4回目の採卵でーす。

◆2017年3月6日(月)◆
 D4?通院
 E2 30.4
 LH 6.4
 FSH 12.4
 内膜 3.8mm
 卵胞(右) 8.7mm、7.8mm、7.1mm、6.6mm
 卵胞(左) -

完全自然で採卵すること4か月。
D3の卵胞が複数個見えるようになった気がする。
しかも右!!
しばらく刺激もしてなくて卵巣もゆっくりできただろうしと
ついつい下心が出て、刺激することにしちゃいました(・3・;;

とりあえずレトロゾールを・・・1日おきに飲んだのかな←あやふや


◆2017年3月10日(金)◆
 D8?通院
 E2 34.5
 LH 4.7
 FSH 7.0
 P4 0.16
 内膜 4.0mm
 卵胞(右) 14.4mm、11.6mm、9.1mm、8.0mm、8.0mm
 卵胞(左) -

自然だとD3の次はD11ぐらいに通院すればいいのだけど
刺激だとちょっと刻んでくるなぁ。

卵胞は大きくなっているけど、E2が死んでいる。
注射の追加です。
なんとこのクリニックはゴナールFらしいです。
先生曰く、ゴナールFが一番いい!とのことで、この辺はほんとクリニックによって特色がある。
テイゾーってそんなマイナーなのかなぁ。

注射だけの通院が大変なので自己注射をお願いする。
すると、どうやらペン型らしいのです。
ゴナールFのペン型ってどんだけ高いのよおおおおお!!
「今までずっとアンプルとか切って自己注射してました!」と訴えて
自己責任でということで、アンプル型にしてもらいました。
(ゴナールFはバイアルだったけど)

看護師さんの前で手技確認もあったのでドキドキした。
何しろ自己注射方法もクリニックによって全然違うんだもの。
私はバイアルって注射器に空気いれて、空気圧で液吸い上げてたんだけど
ここは普通に吸うみたいで、あわあわさせちゃったし。
注射する角度もIVF大阪はお腹に直角だったけど
リプロは45度だったもの。
看護師さんに何度ですか?って聞いたら、直角でOKとのこと。

とりあえず、1日おきにゴナールF150を注射します。
(刺激周期にしたことを少し後悔する。)


◆2017年3月13日(月)◆
 D11?通院
 E2 120.4
 LH 4.3
 FSH 8.8
 P4 0.20
 内膜 7.1mm
 卵胞(右) 21.2mm、13.2mm
 卵胞(左) 5.4mm


はい、でかいのだけ注射の栄養を吸収しちゃったよ。

結局1個じゃんよおおおおおおお。(p'д`q*)゚。

そうだよ、うち複数個あっても結局大きさがそろわないんだよね・・・。
しかも大きさの割にE2が出ていないので、注射の追加です。


◆2017年3月15日(水)◆
 D13?通院
 E2 287.6
 LH 16.9
 FSH 10.2
 P4 0.43
 内膜 9.1mm
 卵胞(右) 27mm、10.5mm
 卵胞(左) -


LHも上がり始めてきたので、採卵日が明後日に決定です。
なんか経過が今一だったけど、右側卵胞ということにかける。




◆2017年3月17日(金)◆
 D15?採卵日


消毒もしてエコーいれて刺しますよ~って時に映った卵胞が
まわりがくしゃくしゃして、変形気味だったのですよ。


そう、排卵済でした。。(p'д`q*)゚。


まれに残っていることがあるので、刺しますかって先生に聞かれてお願いしましたが
やっぱりいなかったようで採れませんでした。


最大の反省点は刺激してしまったことだ。
結局1個しか育たないのにさー
通院日は増えるは注射代はかかるわ
あの時の自分を完全自然をやるんだって転院したんじゃなかったのかよと問い詰めたい。

24周期 完全自然採卵
※過去日記です。(2017年2月の出来事です)

夢クリ3回目の採卵でーす。

◆2017年2月5日(日)◆
 D3?通院
 E2 26.4
 LH 8.2
 FSH 14.9
 内膜 4.2mm
 卵胞(右) 6.8mm
 卵胞(左) 5.8mm

うーん、FSH高いな・・・
LHも普段より高いし。
完全自然で行きます。




◆2017年2月13日(月)◆
 D11?通院
 E2 116.3
 LH 6.5
 FSH 5.6
 P4 0.15
 内膜 7.2mm
 卵胞(右) 8.5mm
 卵胞(左) 17.3mm

うわあああ、左が育ってしまったぞ・・・。
E2低めなので明後日また通院。




◆2017年2月15日(水)◆
 D13?通院
 E2 331.1
 LH 16.4
 FSH 7.0
 P4 0.28
 内膜 9.8mm
 卵胞(右) 6.4mm
 卵胞(左) 22.4mm

E2値も十分でLHも上がりはじめてきたので明後日採卵日で決定。

あああああ、左卵胞かあああああああああ。





◆2017年2月17(金)◆
 D15?採卵日

採卵結果は・・・・




空胞でした(o_o )




な、なななぜ!?
去年12月のときもE2が300以上しっかりあったのに
左卵胞ちゃんは空胞でした。

ぬこ「昔、左卵胞は刺激しても育ちもしなかったのですが、
漢方飲むようになって育つようになったのです。
でも育っても空胞なのです。そんなことありますか?」

先生「どっち側が卵胞が育たないという人はいるけど
卵胞が育つ以上は、絶対空胞というのは聞いたことがない。」


ううーーーん。
もう右側から育つのを祈るしかない。

そいえばこのクリニックは採卵後、ピルが処方されるのですよ。
私はピルを飲むとD3のE2が死ぬほど低いのでできれば飲みたくないのです。
1回目採卵後、飲みたくないを伝え忘れたのですが、自己判断で飲まず。
2回目採卵後、飲みたくない旨伝えて、処方してもらいませんでした。
今回も飲みたくない~って伝えて、ピルなしで。

このクリニックの素晴らしいところは空胞や排卵済の場合は
確かお会計が4千円?ぐらいなのです。
他院だと針代だけ取られて、2~4万円ぐたいした気がするのですが数千円て!
人件費にも満たないよね。
まあその分、卒業時に15万円ほどかかるのかな?
でも私のように卵が採れなくて苦労するタイプはお財布には優しくて
大変よいクリニックです!!!


ふう、1歩進んだように見えてまた振り出しに戻ってしまいましたん。



23周期 完全自然採卵
※過去日記です。(2017年1月の出来事です)

◆2017年1月8日(日)◆
 D3通院
 E2 28.4
 LH 4.8
 FSH 10.4
 内膜 5.8mm
 卵胞(右) 8.3mm
 卵胞(左) 16.6mm

卵胞大きいけどE2は出してないからとりあえず大丈夫みたい。
今回も完全自然で行くことにしました。
原則完全自然!ではなくて毎回D3に先生と相談して決めていきます。

◆2017年1月16日(月)◆
 D11通院
 E2 297.4
 LH 18.0
 FSH 4.9
 P4 0.19
 内膜 9.6mm
 卵胞(右) 21mm
 卵胞(左) -

やったー。右に育ったぜー。
E2値が十分でLHも上がりはじめてきたので、サクッと2日後採卵日に決定。
通院2回で採卵日が決まった。超楽、完全自然万歳。
個人的には21mmが小さめと感じるけど、
ついていく!と決めたので、何も言わず従います!


◆2017年1月18(水)◆
 D13採卵日

来院時間は7:30です。始発で向かいます・・・。

いつものように採卵日前日、寝る前に旦那に容器を渡して
「できるだけ遅い時間帯で採ったら起こしに来て~」といって寝室へ。

朝起こされる。

旦那「採れなった(・0・;)」
ぬこ「(・-・)。前回凍結したからそれ使うからいいよー」


前回の凍結が神判断すぎた!!
いきなり使うことになろうとは!




まあ朝っぱらからこれから仕事なのに
決められた時間まで採れっつーのも大変よね。

てか、持ち込まないでいいの、自分も結構楽だわ。
下着にはさんで~とかもしゃもしゃするし!

7時20分ごろ到着したのかな。
もう採卵の順番は決まってて、早く行ったからといって
早くしてもらえるわけではない。

いつも疑問に思っているのだけど
手術着?って「S」サイズしかないのかな!?
うちでっかいんですよ。身長も170cm近いんですよ。
なんで「S」なんだろう。ピチっとするんですけど・・・・。
これ入らないようならダイエットしろよ?って暗黙のメッセージなのでしょうか。
はい、がんばります。

採卵はよく聞くとおり、消毒が痛め。
採卵はちょっとチクっとするけど、
局部麻酔のときの麻酔よりも全然痛くない。

採卵後もすぐトイレでガーゼをぬいて、リラックスルームを退出。
その後、内診で出血がないか、卵巣が腫れてないか確認する。

しばらくすると先生に呼ばれます。

先生「成熟卵が1つ採れました」

わーい。久しぶりに卵が採れました!
さすが右側卵胞ちゃん!

先生「胚盤胞まで育てて、可能であれば今周期移植しましょう」


えっ、凍結して次周期に移植するものかと思ってた。
なので、葉酸とか飲んでない(けど、まあいっか)

その後、今後の分割確認など培養士さん?からの説明があります。
今周期の移植については、5日目に胚盤胞まで育った場合のみ。
ただ、この移植に進むのは10人に1人ぐらいなので
できなかった場合も、がっかりしなくて大丈夫ですからね!ということでした。


◆2017年1月19(木)◆
 D14受精確認

 12時過ぎに電話する。
 受精OK。

◆2017年1月20(金)◆
 D15分割確認

 10時過ぎに電話する。
 分割OK。

◆2017年1月22(日)◆
 D17分割確認

 16時過ぎに電話する。
 培養士さん「前回、4分割とお伝えした卵ですが・・・」

  え、分割数聞いてなかったよ!聞いたら教えてくれたんか!

 培養士さん「現在、コンパクションの状態です。明日、移植できるか明日の8時半にお電話してください。
 移植可能な場合は、その後11時半までご来院いただくことになります。」

 4日目でコンパクションって、明日胚盤胞行けるんじゃない!?
 えー、移植?ついに? ←大甘ちゃんでしたわ。私。

 


◆2017年1月23(月)◆
 D18移植前確認

 出かける準備もして8時半に培養室へ電話する。

 培養士さん「胚盤胞にはなっていますが、移植できる大きさにはなっていないので、今周期の移植はなしとなります。
このまま培養しますので、2日後に凍結確認のお電話ください。」

移植する気満々だった、おばかな私(゜´Д`゜)



◆2017年1月25(水)◆
 D20凍結確認

 12時過ぎに培養室へ電話する。

 培養士さん「凍結基準の胚盤胞には満たなかったので、凍結できませんでした。次はD3に受診してください。」


凍結もできなかったーーーー!!!!(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)


今回サクッといけたから、いけるような気がしたのになぁあ。
って、前回も言ってたなコレ。

プロフィール

ぬこにゃん

Author:ぬこにゃん
2009.10 結婚
2013.5~ タイミング6回
2013.11~ 人工受精7回
2014.8 ロング法
2014.11 アンタゴニスト法
2015.4 凍結胚移植
2015.5 ショート法
2015.8 アンタゴニスト法
2015.9 完全自然
2015.10 アンタゴニスト法
2015.11 凍結胚移植
2015.12 採卵中止→タイミング
以下、書くのが大変すぎて略

38歳、会社員。
旦那さんは5歳上。

最終形態までさくっと来てしまいました。
(フリーザか!)
1回目ICSIで更に終わりが見えなくなりました。
治療歴がどんどんのびていく件。

IVF大阪→宮崎LC→IVF大阪→リプロ大阪→神戸元町夢クリ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。